キャッシングしたおかげでパチンコにのめりこめました

私は昔パチンコにはまっていたのであります。

 

私には妻と子供がいたのでありますが、妻には生活費を払う余裕がなくなってきたり、パチンコをするお金が無くなってきたのであります。

 

それはなぜかというと私は毎日仕事が終わったらパチンコに行ってからかなりの金額を浪費していたからなのであります。

 

私は何度もパチンコをやめようとしたのでありますが、やめることは全くできなかったのであります。

 

こそで私はキャッシングをすることにしたのであります。

 

しかしキャッシングをしていることが家族にばれてしまったら大変だと思ったので、私の知り合いの金融会社から借りることにしたのであります。

 

その金融とはいわゆる闇金融であります。

 

しかし私はその知り合いは信用していたので高額な利子をつけたりはしないだろうと思ったのであります。

 

それから私はキャッシングしたお金でパチンコを売っていると今までが嘘のようにかっていったのであります。

 

そのおかげで私はキャッシングしていたお金をすぐに返済してから家族にも堂々と生活費を払うことができたのであります。

 

それをきっかけに私はパチンコをやめることにしたのであります。

 

もちろん自分一人でやめることができないと思ったので、私は精神科に通ってから、自分を律していったのであります。

 

精神科の先生の言うとおりに生活していたら私はギャンブルから抜けだせるようになったのであります。

 

キャッシングをしてパチンコを楽しめたのは今ではいい思い出となっているのであります。
【20代|男性|会社員】

関連ページ

旦那ががギャンブルでお金が無くなってキャッシング
私は主婦をしているのです。 私は大学生のころから付き合っている旦那と結婚したのです。
ギャンブル依存症だった旦那が陥った怖い体験
私の旦那は学生のころから、ギャンブルが大好きです。 開店前のパチンコ店の前にダンボールを敷いて一晩を過ごし、開店と同時に入店。