急な友人との悩み相談に行くのに助けられたキャッシング

私のキャッシング利用の体験で、良かったなと思ったことは、やはりお金が無い時におとなしくしていた期間、例えば給料日前にお金がなくて引きこもっていたのに、大切な友人からとても苦しそうな悩み事のメールをもらって、その相談に乗る為に、一緒に飲みに行く代金をキャッシングした時です。

 

キャッシング自体は、計画していれば大丈夫だと思っているのですが、このような急なキャッシングはちょっと考える間もないので、怖いかなと思っていました。

 

でもどうしてもいるお金、そして見放せない友人の悩みの為には、怖くてもキャッシングは必要だと思いました。

 

でも、リボ払いにするか一括払いにするかというので選択肢が出てきて、ちょっとの間だけでも返済の事を考える間が与えられたので、助かりました。

 

この時は、本当にお金が無くて、他の友人の誘いも断っていたのですが、大切な女友達の困っている時に何も出来ないよりはいい!と思って、キャッシングしようと瞬殺で決めていました。

 

その事で、友人の悩みもキチンと聞いてあげる事も出来たし、泣きじゃくる彼女を一人にしないで良かったなと、本当に思っています。

 

友人にはキャッシングしてきたなんて、とても言えませんでしたが、それでも彼女が最終的に笑って帰ってくれたのが、本当に嬉しかったし、キャッシングしてまで行って良かったなと思っています。

 

キャッシングは、こういった急な入り用の時に心強い味方になってくれると思います。
38歳 女性

関連ページ

株で失敗してしまったのでキャッシングをして生活できたのです
私は経済学部を卒業してから、有名な経済学部の大学院を卒業したのであります。 それから私は、就職をしなかったのであります。
キャッシングやショッピングで借金まみれ
私は見栄っ張りの性格が災いして、お金がないと思われたくなくその為にキャッシングを繰り返していました。
ホストにはまっていたのでキャッシング
私はいがない会社員で毎日を退屈に過ごしていたのであります。 そして私が勤めていた会社はファッション関係の会社だったので、ほとんどの社員が女性で男性との出会いが全くなかったのであります。