立て続けに結婚式に招かれキャッシングを利用した話

キャッシングのCMは子供の頃から見たことがあるので存在はずいぶん前から知っていました。
でも就職するまでは、キャッシングは生涯自分には無縁のものだと思っていたんです。
しかし今では、キャッシングがあって本当によかったと思っています。
そう思い始めたのは、ごく最近です。
私も周囲の友人も20代後半になったせいか、結婚式に招かれる機会が非常に増えました。

 

>>結婚式があるとやっぱりお金が必要になった時に便利なキャッシング

 

その数の多さはまさに結婚式ラッシュといっていいほどで、一番多いときは毎月結婚式に出席していました。
祝い事なので、招いて頂けるのは有難いのですが、お財布事情は火の車です。
一回の式で渡すお祝い金は知れているといっても積み重ねれば高額だし、その他自分のヘアセット代や着ていくドレス等を考慮すると結構な額になってしまいます。
勿論ドレスや靴は数度使い回しますが、さすがに毎月同じでは気恥ずかしいものがあるんです。
大切な結婚式は写真やビデオで残りますからね。
女性って大変だなとこういうときに思います。
とにかく結婚式の通知が来る度になんとか頭中で計算していましたが、毎月となれば別。
もう所持金に余裕はなく、途方にくれていたところで思い付いたのがキャッシングでした。
利息もそんなにつかないし、長期間借りるわけではないので気が楽。
キャッシングってこんなに頼りになるものだったんだと初めて知りました。
実家の親は、地方の大学に行っている弟の仕送りに大変そうで、絶対に頼りたくなかったので、自分でどうにか出来たことに安心しています。
それもこれも全てキャッシングのお陰です。
【20代|女性|事務職】

関連ページ

緊急にお金が必要になった時のためのキャッシングを利用する利点について
ご祝儀に3万円と美容代などを合わせると5万円程度の費用がかかりました。私の手取りの給料は23万円程度で一人暮らしのため月5万円の出費はつらいこともあります。
困った!友人の結婚式!でも今月支払い多くてこのままじゃ・・・
いくら世の中が好景気になってきているからといって、零細中小IT企業の社員にとってみれば全く関係のない話なわけで、 いつまでたっても収入は増えない。かといって副業する時間も無い、身の回りの売れるものも売り払った。